意外と知らない?!モバイルバッテリーは公称容量に注意!

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日

『画面が浮いて操作が出来ない』

との事でご来店くださったお客様がおりましたチーンもやもや

確認してみると。。。バッテリーがパンッパンに膨れてしまっていましたガーン雷

 

バッテリーが膨れて爆発・・・なんてニュースたまに見かけますよねあせる

 

膨れてしまう事はリチウムイオン電池の特性でもあります。

なので、膨れてしまったからといって必ず爆発・発煙が起きる訳ではありません。

膨れていないバッテリーが爆発する可能性もあります。

 

・・・え?じゃあ、なんで爆発するの?あんぐりピスケカナヘイ!?

 

簡単にいうと酸素に触れたからです。

 

リチウムバッテリーは高いエネルギーを溜め込める性質がありますが、その分化学反応を起こしやすい物質です。

 

そして水に含まれる酸素に反応するため、電解質に水が使えません。

なので可燃性の有機溶媒を使っています。

これは酸素がなければ燃えません。

 

わかりやすくすると、ガソリンとマッチ。

ガソリンの中にマッチを入れても燃えませんよね。

共に酸素があって燃えるものです。

 

リチウムバッテリーも同じです。

なのでリチウムバッテリーは酸素が入り込まぬよう完全に密閉されています。

 

そんな密閉されたリチウムバッテリーに

過充電・衝撃を与えると中に酸素が発生します。

 

簡単にいうと、中で使われている金属(陽極)に酸素が含まれており、充電によって温められた電気エネルギーで分離してしまい酸素が発生するという事です。

 

ある程度の過充電は内部の制御機構で

完全に防がれる仕組みになっています。

 

ですが、人によって使い方は様々です。

普通に使っていたのに・・・とよく聞きますとびだすピスケ1フツーッテナニ?

 

たまには放電してあげてください無気力ピスケ

iPhoneを休ませてあげてください無気力ピスケ

 

iPhoneが熱くなってしまったらバッテリーを交換してあげてください無気力ピスケ

そしてモバイルバッテリーを利用する際には公称容量に注意しましょう無気力ピスケ