温度とiPhoneの関係性とは?!

LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark

みなさん!こんにちは!

iPhone修理のQuick新越谷店ですちらみ猫さんちらみねこ

 

さてさて・・・今日は温度とバッテリーのお話sei

 

みなさんは普段、iPhoneを使用する時周りの温度に気を配った事はございますか?

ほとんどの方が気にされてないと思います…ガクブル汗

 

iPhoneを使用する場所といえば、

お部屋の中だったり、車の中だったり、外出先や外だったり、

中にはお風呂場だったり・・・

 

様々な場所で欠かせないiPhoneスマホ

 

周囲温度でバッテリー容量に回復不能な損傷を与えてしまう可能性があるのはご存知ですか?!

 

Apple製品は35℃を超える周辺温度に弱く、バッテリーが一回の充電で駆動できる時間が短くなってしまうのです。

要はバッテリーのもちが悪くなり、消耗が激しくなってしまいます。

 

『最近、バッテリーの減りが早い』

とお困りの方は今一度、周辺温度に気を配ってみてください。

 

iPhoneは0℃~35℃の環境下で最も良く動作します。

 

またケースの素材にもよりますが、ケースを装着したまま充電をすると熱がこもりやすくなり、

バッテリー消耗が進んでしまいます。

 

それと、よくお問い合わせで

『昔使ってたiPhoneからデータを取り出したいが、電源が入らなくなった』

とご相談を受けます。

 

iPhoneを長期保管する際は

・バッテリー残量を50%の状態にして電源を切る

・湿気のない32℃以下の涼しいところで保管

・半年に一度電源を付け、また50%まで充電をする

 

バッテリーは完全に使い切った状態で保管をすると、充放電という状態になり充電された状態を保てなくなります。

また、満充電にした状態ではバッテリー容量の一部が失われ、駆動時間が短縮されてしまいます。

 

『急にiPhoneの電源が入らなくなった』

『電池の減りが早い』

『本体が熱い』

などの症状がある場合は、周辺温度に気を付けてみてください手

 

当店ではバッテリー交換10分~受け付けております!

お電話やメールにてご相談は無料で受け付けておりますので、

お気軽にご相談ください爆笑イエローハーツ